まつげ育毛剤はルミガンジェネリックは安い価格で購入できます

笑顔の女性

まつげ育毛剤にはいくつかの種類がありますが、もっとも有名なのがルミガンという薬です。これはもともと白内障などの目の病気を治療するための薬だったのですが、副効果としてまつげが伸びるという効果も認められています。特に眼科や取り扱いのある病院では、まつげ貧毛症というまつげが少ない症状に対して用いられることもあるのです。このまつげ育毛剤としてのルミガンですが、もしもっと安く使いたいというのなら、ジェネリックを選ぶのも方法です。ジェネリックとは一体何かというと、特許が切れた薬を作って売ることで安く、ほぼ同じような効果のある薬を得られる、というものです。

そもそも薬の特許とは何かというと、その薬を開発してその製薬会社や特許の権利を持つ人が独占で作り、販売できるという権利です。薬の作り方や注意点などが書かれた、いわば薬のレシピのような役割を持ちますが、基本的には開発した企業や技術者・開発者などがその製造を専門的に行う権利を持ちますので、他社で販売されることはありません。ですが、この薬の特許にも有効期限があり、出願した日から20年が基本となっています。また、その後に特許期間を延長する事も出来ますが、だいたいこの20年と延長期間が過ぎると特許が切れ、だれでもつくる事が出来ます。また、この特許に触れないように独自の製法などを産み出していれば、ジェネリック薬として販売する事が可能です。

このルミガンについても同様で、ルミガンの薬はある程度特許などの兼ね合いから特定の製薬会社のみが開発していました。ですが、ルミガンの特許が切れたので、今ではルミガンのジェネリック薬が出回っており、効果は同じなのに値段は安い、というような事も少なくありません。

また、安いだけではなく便利になっているケースもあります。例えばルミガンは目の治療薬なので点眼薬のケースに入っていますが、ジェネリック薬はまつげに塗るためのアプリケーターがついているスターターセットなどもあり、使いやすさがアップしています。使いやすさについてはそれぞれのジェネリック薬の状態によって違いますが、使いやすくなるように工夫されているものも少なくありません。ジェネリック薬の場合、おおむねルミガンより安い物が少なくありません。また、まつげ育毛剤として使うならより使いやすいものも多くありますので、同じ動きや効果を持つのに安い薬もある、という事が言われています。